桶谷式母乳育児とは?

戦後の混乱のなか、母乳が出ないなど、母乳トラブルのあるお母さんたちを救いたいと、一人の助産師・桶谷そとみ氏(あん摩マッサージ指圧師の国家資格も持つ)が始め、たくさんの赤ちゃんの命が助かりました。 

何十万人ものお母さんたちへの手技や母乳育児の支援を通して、桶谷式の技術や理論は発展していきました。

母乳育児について最も学びになる国・機関はどこか、とWHO(世界保健機関)に問い合わせた外国の方に対し、JAPANのOKETANI、と紹介され、海外から学びに来た方もいるそうで、そのノウハウは母乳育児団体を通し、世界に広まっています。

ネットでうわさされるような、きびしい生活・食事指導等もありません。

親子二代に渡って通われる方もたくさんいらっしゃいます。

3年以上、臨床経験のある助産師が、入学試験をへて一年間母乳育児と手技の研修を積み、認定試験に合格して桶谷式の認定助産師になります。